新入社員と学ぶ印刷講座 2

CMYKとRGBって

印刷機に続いて、今回のテーマはCMYKとRGBについてです。

パソコンや印刷機・デザインソフトの普及と共に、自ら印刷物をデザインし、印刷をすることが身近になりました。

ポスターやメニュー・パンフレット・ダイレクトメール等々、、、

デザインしたり、印刷をした経験のある人はたくさんいるでしょう。

そんな経験がある人は、『CMYKとRGB』というワードに聞き覚えがあるかもしれません。CMYKは印刷機での色の表現方法、RGBはディスプレイ上での色の表現方法を表します。

CMYKで表されるカラー印刷

カラー印刷は4色のインクの版を刷り重ねることで、文字や写真・絵を表現しています。4色のインクはそれぞれ、シアン(Cyan)・マゼンタ(Magenta)・イエロー(Yellow)・ブラック(Key Plate・スミ)で、頭文字をとってCMYKと呼ばれています。

これらの色は混ざるほど暗くなり、黒へ近づくことが特徴です。色が重なる部分が暗くなっているのが分かります。

印刷機ではこの4色の細かい点の濃淡や大小を組み合わせることで、数多くの色彩を表現することができるのです。この小さな点を網点(あみてん)といいます。新聞の写真を拡大して見てみると、小さな点が集合しているのが分かります。

自宅やオフィスのプリンターのインクを取り替える際、CMYKの4色に見覚えはありませんか。自宅やオフィスでのカラー印刷は、たった4色で数多くの色を再現しているのです。よーく考えると凄いと思います!!

RGBで表されるディスプレイ上の色

一方で、デジカメで撮った写真やモニタ上で見るものは、RGBと呼ばれるRed ・Green・ Blueの3つで再現されています。RGBは混ざるほど明るくなり、CMYKよりも幅広い色を表現することが可能です。色が重なる部分が明るくなっていることが、分かります。

印刷したら色が違う?!

私たちが印刷物で目にしている色は、CMYKで表されていると述べました。しかし、パソコンやスマホのスクリーン上で見ている色は、RGBで表されている…。つまり、印刷されたもので見る色と、スクリーン上で見る色は同一ではないのです。

『実際に印刷されたものがモニタで見たイメージと違った、くすんでいた』、そんな経験はありませんか。これは、パソコンで表した色を印刷機ではそのまま表現することができず、RGBの色がCMYKでの近しい色に変換された為におこったのです。

Illustratorを使って、RGBモードとCMYKモードを比較してみました。

CMYKモードの色が、くすんでいるのは分かりますか。特にカラーパレット図右下の黄色の色が、大分くすんでいるのが分かります。

上記画面上で見える差はわずかですが、実際に印刷してみると差は鮮明です。印刷物を制作する際は、鮮やかな色は暗くなってしまうということを頭に入れておきましょう。

デザイナーに聞いてみた

実際に、社内のデザイナーさんにCMYKとRGBについて聞いてみました。

一番変化の分かりやすい例が食べ物、例えば生肉や鮮魚。美味しそうに撮影された写真であっても、実際に紙面上に印刷されると、くすんでしまうことで鮮度が低いものに見えるそうです。私たちが口にする食べ物、目から入る情報・イメージって大切ですよね。

また、企業や商品などのブランドを扱う際にも、色について配慮が必要だとか。色味によって企業やサービスの印象は大きく左右されるからです。

TRIGGER DIALOGでは、YDMのデザイナーがあなただけのDMを作成します。

長年の経験と知恵から、色味の変化を最小限に抑えることも可能です。

煩わしい色の使い方も、心配する必要がありません。是非、ご相談下さい。

このページをシェアする

Share on facebook
Facebook
Share on twitter
Twitter